【鍵屋の苦労話】

滋賀の鍵屋の苦労話。開業当時から現在に至るまで、カギの仕事で苦労した思い出をつづっています。あの頃の苦労があって今がある。苦労や失敗した思い出を糧に日々の精進を止まないことが未来につながります。

キーロックしが.NET

滋賀の鍵屋の苦労話。開業当時から現在に至るまで、カギの仕事で苦労した思い出をつづっています。

keylock-service.net

「初めまして」から「毎度有難うございます」へ

鍵屋に限らずどんな商売でも開業したての頃はすぐには仕事が入らず苦労するものです。私は本部代表に師事し修行を経て平成14年9月に開業しましたが、仕事は自分で得るもの、と固く教えられ本部からの紹介は全くない状態からのスタートでした。A3のコピー用紙を大量に購入し、両面コピーで4等分してチラシつくりをし、日中はポスティング作業の日々。滋賀県中の住宅街を回りました。夜は弁当工場でアルバイト。そんな日々が1年くらい続いたある日、チラシをご覧になられたお客様からポツ、ポツと仕事依頼のお電話を頂けるようになりました。「初めまして、どうぞ宜しくお願いします!」と元気に振舞ってお仕事させていただいたことを今でも思い出します。初めてこの商売でお客様からご料金を頂いた時の喜びは格別でした。日を追うごとに仕事の量が増えてきてやっと鍵屋だけでやっていけるようになったのは開業して2年以上経ってからです。そのころからリピーターのお客さんからのお電話が増えだしてきました。お隣さんの玄関の鍵を見てくれる?とか息子がバイクのキーを失くしたので作ってください、など。「毎度有難うございます!」と再び元気を振舞ってお会いした時の喜びは何物にも代えがたいものですね。苦労してきた甲斐があるなという気持ちと同時に初心を忘れないで日々精進していかなければという気持ちが交錯する毎日を過ごしています。


非通知電話は要注意!

非通知電話は要注意です。以前はよく騙されました~。以来、非通知設定解除で再度電話を頂くか、電話番号を確認してからこちらからお電話するといった対策をとっています。ご住所、特にマンションやアパートなら部屋番号までしっかりと確認します。私の携帯電話への転送は常に非通知設定を受け付けないようにしています。現場につくと誰もいない!真夜中が多かったです。こんなことして何がうれしい?腹立たしい嫌がらせ電話、やるほうもよっぽど暇なんですね(笑)



同じにしないでほしい...

「ネットで”到着5分!”とか書いている鍵屋さんに電話したら京都、名古屋、大阪から出動で2時間以上かかりますと言われた、アンタたちもそうか!?家の鍵、早く開けてほしいんやけど!」と真夜中に突然受話器に怒鳴り声が聞こえてきました。ちょ、ちょっと待ってください、どういうことですか?と問いただすと、そういうことだったんです。私たちは地元滋賀で営業しているので大丈夫ですよ、15分程度で到着しますよ、と伝えると、今までの怒鳴り声が信じられないくらい優しい声に変りました。後々、滋賀県の鍵屋さんを検索すると今回のような記載がされているお店が多いことに気づきました。それはそれで別にこちらが干渉する権利もないので良いとは思いますが、こちらまで一緒と思われるのはちょっと辛いです。もう少し正直に記載してほしいものです。


電波が繋がらない!

今でこそ整備されていますがひと昔前は県内山中で携帯電波が繋がらないことがよくありました。
10年位前のこと、滋賀県犬上郡多賀町河内にある「河内の風穴」付近へ車のインロック解錠に出向いた時のことです。現場近くに差しかかり、お客様に正確な場所をお聞きしようと携帯で発信したのですが”圏外”マークが!河内の風穴の駐車場なら迷うことはなかったのですが”その付近”とお聞きしていたので聞こうとしたら携帯繋がらず。とりあえず河内の風穴の駐車場まで行き、周辺を探し回りました。30分経てどお客さんが現れず、仕方なく近くの民家の方にお願いし、固定電話をお借りして連絡を取ることができました。お客様の居場所は河内の風穴から300m下流でした。携帯電話会社によって場所によって繋がる場合とそうでない場合があるんですね。とにかく携帯電話は私たちの仕事には欠かせないツールであることを思い知った一日でした。


スキー場到着寸前でスタック。

4年ほど前の冬、雪深いスキー場へ車のキーを作りに行った時のことです。片道90分かけてお客様が居られるスキー場の駐車場まであと少しのところで雪の急こう配を上がれずスタック。当時は4駆ではなく後輪駆動の軽バンにスタッドレスを履いていました。路面は夕方から降り出した雪がカチンコチンに凍り、完全な鏡面アイスバーンと化していました。タイヤはむなしく空転するばかり。仕方なく車を脇までなんとか移動させ、そこから徒歩で機材や電源をたった一人でお客様のところまで運びました。お客様にも大変ご迷惑をおかけしてしまいました。以来、4輪駆動車に乗り換え、雪のスキー場への出動も滞りなくこなせるようになりました。


同業者の方に助けられ...

この仕事を始めて間もないころ、車の解錠依頼で出動した時のことです。鍵穴からピッキングを試みましたがいくら頑張っても開けられず、同業者の方に応援をお願いしたことがありました。
ピッキングで30分頑張っても開けられなかった鍵をほんの数分で”別の方法”で開けられました。
”企業秘密”的な要素が多くあるこの商売、同業者の方も私の視線を気にされていたようで、それを察し、私は目をそらして待っていました。自分の未熟さをもろに知った時間でした。鍵開けにはいろんな方法があるんだ、もっと勉強しなくては!と感じた瞬間でもありました。
以来、応援に参じることがあっても来てもらうことは、なくなりました。


緊急車両のようには...

真夏の炎天下の中、車の中に小さなお子様が閉じ込められるトラブルに対応することがあります。そんな時はできるだけ早く到着し解決してあげないと命に係わることもあります。しかし鍵屋の車は緊急出動とはいえ、パトカーや救急車、消防車のように緊急車両としての優遇がありません。信号が赤なら止まる必要もあり、渋滞に巻き込まれてもガマンしなければなりません。海外のように鍵の緊急業務も内容によっては緊急車両としての扱いをしてもらえるようになるといいのですが。。。なかなかそうはいかないのが実情です。いつも歯がゆさを感じながら出動してます。


工具が壊れて。

車のキーを作成するとき、スコープで鍵穴をのぞき、鍵山の段差を読み取ってキーブランクにカットして作るわけですが鍵穴の中は真っ暗なので電球の明かりを当てて見ます。ところが突然電球がつかなくなってしまいました。電球の明かりがなくなると、真昼間だったため周りの明るさで余計鍵穴の中が見えなくなってしまいました。さてどうするか...しばらく思案しましたが”勘”で対処することに。カギ穴内部の各部品の戻り音の大きさと工具先端から伝わる振動の大きさを感覚で捉え段差を判断して作ることにしました。何度も失敗し、切り損じたキーブランクが山のようになりましたが何とか無事に作成完了。日常の機材や工具への点検整備を怠ると大変なことになる、と改めて感じた時間でした。


気分が乗らない仕事。

どんな職業でも気分が乗る仕事、そうでない仕事ってありますよね。私たち鍵屋の仕事といえばカギ交換、解錠業務(鍵開け)・失くした鍵の復元(紛失キー作成)、錠前の取付け、故障修理が主となってきます。どの仕事もとてもやり甲斐を感じながらやっていますが、中には気分がのらない仕事もあるんです。ご連絡が取れなくなった身内様や知人様宅の解錠作業(安否確認)や強制執行に伴う住宅解錠作業。警察官や執行官が見守る中での作業は相当なプレッシャーを感じます。それだけで済めばいいのですが、最悪の事態を想定しながら(お身内様、知人様の容態、強制執行時の思わぬハプニング。どういうことなのか、ご想像できますよね)の作業となり気持ちが重たくなります。現に最悪の事態に遭遇することもしばしばあるので。何度経験しても気分が沈む仕事です。


鍵穴回れど扉開かず...

真夜中に、戸建てのお客様から鍵開けてください!との連絡を受け緊急出動。現場で玄関のカギを見たら最新式のディンプルキー2か所。これは時間がかかると判断、裏口の鍵穴を狙うことに。こちらはノブ一つ。ここから開けようと工具を鍵穴に入れコチョコチョ!としたらすぐに回ってくれました。よし!と意気込みノブを回して扉を開けようとしたら開かない!お客様に内鍵閉めてはりますか?と聞くと内鍵はありません、このノブだけです、と。おかしいなあと思いながら鍵穴を反転させても同じ結果。ライトを当て扉と柱の隙間をみるとカギが開くと凹むはずのデッドボルトが凹んでいませんでした。いわゆる錠前の故障です。仕方なくノブを電動工具で壊し錠前むき出しの状態に。デッドボルトの連結部分を先端を細くとがらせたペンチでつかみ強引に凹ませ開錠しました。築何年も経っていない、新しい住宅でこのようなカギのトラブルに遭遇したのは初めてでした。原因はいまだに不明...


警察に通報されてしまいました。

真夜中のマンション駐車場でのこと。車の解錠およびキーの作成業務をしている真っただ中、立ち会って頂いていたお客さんがコンビニで暖かいもの買ってくるね、といってその場を離れられました。しばらくすると赤色灯を点けた車が近づいてきました。そう、パトカーだったんです。お客さんがこの場を離れている間、私一人で作業していたのを住民の方が見つけ、怪しいと思って警察に通報されたようでした。お客さん本人の誓約書のサインと免許証番号、車検証を警察官に見せ事情を説明している最中にお客さんが戻ってきてくださり事なきを得ましたが、私の仕事姿ってそんなに怪しかったのかな...


工具が落下してきて頭を大怪我。

店舗のガラス自動ドアの鍵交換をしていた時のこと。自動ドアの鍵交換は鍵メーカーによってはドアそのものを外してしまわなければなりません。この時はまさしくその作業中のこと。ドアを吊り上げているレールの上に工具を置き忘れ、真下で作業をしていました。突然誰かにぶん殴られたような感覚が襲ってきました。レールの上に置いていた工具が自分の頭を直撃したんです。タラリタラリと流れ落ちてくる鮮血。すぐに止まると思っていたのですが事務所に戻っても止まらず、家族に見てもらうと「こりゃ、あかんわ。パックリ傷口開いてる!」と言われ急遽病院へ。麻酔が効いてくる前に5針縫われました、痛かったですよ~。今回は自分の怪我で済みましたが、誤ってお客様に怪我でもさせたらそれこそ大変です。作業時の安全確認はしっかりと行わなければ、と反省しきりでした。


土日に行事が重なって

昨年一年間は町内自治会の組長にあたり、なにかと行事に参加することになりました。準備も含めかなりの時間拘束され、緊急出動が実質出来ないことも多々ありました。特に湖東・湖北エリアのお客様には守山や大津の事務所からの対応とさせていただくことになり大変ご不便をかけてしまう結果となりました。町内会の行事は土日に集中し、カギのトラブルも土日が圧倒的に多く、昨年はその分収入も減り笑い事ではなかったです(笑)町内会のために尽くすことも大事ですが、個人の生活を直撃するようではその在り方にちょっと疑問を持った一年間でした。


スパイダーマン気分?

とあるマンションの3階一室の鍵開けに出向いた時の話です。奥様がベランダで洗濯物を干している隙に小さなお子様がベランダ窓のクレセントをかけてしまったとの連絡がちょうど隣の奥様からあり出動しました。ベランダに閉め出された奥様と隣の部屋の奥様は知人関係にあり、大声で助けを求められたそうです。私は現地に到着後、玄関のカギをチェック。GOAL社製のPX-K(V18シリンダー上下2箇所)だったので玄関からの解錠は難しいと判断、お隣の奥様にお願いし、ベランダ伝いに隣のお困りの奥様のベランダへ移動させていただきました。しっかりとした作りのベランダだったため足元さえ滑らさずに気を付けていれば大丈夫と確信し慎重に移動しました。移動後はほんの数分でクレセントを解除でき奥様も一安心されていました。玄関のカギを破壊して開ける方法も考えましたが非常に時間がかかることと破壊後の交換を含めると高額な料金となってしまうためやむを得なく今回の方法を選びました。現場の状況に合わせて臨機応変な対応が求められるこの仕事。ですが自らの命を危険にさらすような方法は慎まなければ、と事務所に帰って我が子の顔を見た瞬間に思いました。


肩や首が筋肉痛に。

ホンダライフのキーとじ込みの開錠作業に行った時の事。現場に着くと、運転席側のドアがマンションの植え込みすれすれに止められた1台のホンダライフ。駐車場のスペースの関係でこのような停め方になったそうです。その後エンジンキーを車内に置いたまま助手席側から車外に出た直後に勝手にドアロックがかかってしまったとのことでした。ホンダのキーは鍵穴を覗きながらピッキングで開けるしか方法はありません(ほかに強引な開け方がないわけではないですが、笑)。しかも鍵穴は運転席のドアにしかありません。植え込みとドアの隙間は20センチもありません。当然、体を入れることができず困り果てました。植え込みの上端から少し上に運転席のドアシリンダーがあり、のぞき込むことも出来ず。はじめは手探りで作業を始めましたがどうもうまくいかず、植え込みの上に腹ばいで寝そべりながらキーシリンダーの中を覗きながらの作業を開始。体を思いっきり沈めた状態での作業で息もまともにできずかなりしんどい作業でしたがなんとか解錠出来ました。翌朝、起床したら肩から首にかけて筋肉痛が発生!無理な姿勢での作業が原因だったのです。


突然の突風に...

琵琶湖湖岸でトヨタハイエースのイモビライザーキー紛失作成作業をした時のこと。イモビチップ入りのキー作成を終え、いよいよ最終段階の車両への登録時、突然の突風で運転席のドアが閉まり、体を挟まれてしまいました。その際に肩から背中にかけてドアに強打、打撲を負ってしまったのです。登録時に運転席の下に潜り込んでいる作業をするため、ドアが閉まる状況を把握しきれていなかったのです。その後事務所に戻りシャツを脱いで鏡越しに強打した個所を見ると赤黒く腫れあがっていました。この仕事にケガはつきもの、なんですね(苦笑)


ねじが外れない!

鍵を落とされたお客様宅でシリンダーの組み換え(鍵山の組み換え)作業で鍵を分解するために、テールピース(シリンダーのお尻についている錠前を回すためのパーツ)を止めている2本のねじが固着してなかなか外せない事態に陥りました。浸透性潤滑油を吹付けても固くて緩みません。細いプラスドライバーで慎重に回すもダメ。無理に回すとねじの頭が潰れて本当に外せなくなるためどうするか悩みました。そこで固定するバイス(万力)がなかったので両足の靴の間に小さなシリンダーを挟み、プラスチックハンマーでドライバーに振動を与えながらゆっくりと回すと潤滑油が染みわたり何とか外すことができました。座り込んで背中を丸めながらハンマーを叩いている姿は多分、滑稽だったと思います(笑)


取り越し苦労もたくさんります...

深夜に「家の鍵をなくしたので壊して開けてほしい、他の業者さんに聞いたら防犯性がかなり高いので壊さないと無理です。ただそちらまで2時間くらいかかります」と言われたので近い当店に電話されたようでした。真夜中に電動工具を使って大きな音を立てて...ご近所さんからヒンシュク買うなあ、と思いつつとりあえず現場へ向かいました。約30分の道中、不安で不安で仕方なかったことを思い出します。現場に到着、鍵を見たらやはり壊さないと開かないタイプのものでした。壊す以外に方法はないかな?とおうち周りをうろうろ見渡していたら、雨戸が閉まっていない唯一の窓を発見!俄然テンション上がってきました(笑)お客様に聞くと窓のクレセントのロックと下側のつっかえロックもしているとのこと。窓からの解錠は私は得意中の得意。ある方法でクレセントのロックを解除、その後クレセントそのものを解除、そして最後に下側のつっかえロックも解除。開いた窓からお客様に入ってもらい玄関の鍵を開けていただきました。電話でお話を聞くだけでは現場の状況が見えてこないこともあるのです。とんだ取り越し苦労でしたが、とにかく真夜中に大騒音を出さなくてよかった。。。


ガッチンコ!

大手保険会社のロードサービスの車の鍵開け業務でよくある話。トラブルが発生した地域の業者さん数社に同時出動依頼を出されることがよくあります。お客様ファーストの観点からしてそれはそれでいいとは思いますが、現場へ向かう業者の立場としてはちょっと複雑。現場へ向かう道中もかなり焦ります。そして現場ついたら別の行さんとガッチンコ!基本早く到着したもの勝ちの世界。”負けた”ほうは現場キャンセル料を保険会社からもらえるのでそれだけが救い。これまで何回もこういうガッチンコの経験がありますが勝率は7割といったところでしょうか。ただ、気分的にはあまりよくない仕事でもありますね。


雨にも負けず...

梅雨時の屋外での仕事は辛いですね。大雨の日に野洲市にあるテナントの自動ドアの鍵交換をした時の話。自動ドアの下の端についている鍵の交換。MIWAのDGという型式のシリンダーで、シリンダーを外すにはガラス戸を釣り上げている上端のレールからドアを外し横に寝かせて真下にあるねじにアクセスしないと出来ないんです!あ-、TRFだったらよかったのになあ(TRFは横にねじがついているのでドアを外さなくてもシリンダーが外せます)と思いつつ作業に取り掛かりました。ガラス戸が降りしきる雨に濡れないように養生しながらの作業。雨に濡れた手が重たいガラスドアを倒すときに滑って割ってしまわないように細心の注意を払いながらの作業となりました。厚さ1センチ強ある大きなガラスの自動ドアの重さは半端ではなく、何度も手が滑ってしまいそうになりそのたびに両ひざで抱えるようにしてやっと作業が終わりました。変に体に力を入れたせいで、翌日筋肉痛で辛かったことを思い出します。


真冬の湖岸道路はコワい...

猛吹雪の夜に滋賀県長浜市のお客様からアパートの玄関開錠の依頼で出動。どこの業者さんも来てくれないそうです(本音を書きますが、さすがに私もこの日の出動はためらいました)。困ったお客様を放っておくわけにはいかずハンドルを握りました。琵琶湖からの横風でハンドルが取られるのと、圧雪にトラックのタイヤチェーンが痕が作った凸凹道路、車はピョンピョン跳ねるし。湖岸道路を北上するときは琵琶湖は左に位置し、琵琶湖からの強風で反対車線にはみ出しそうになるのです。通常なら1時間かからない道のりが、この日は2時間近くかかりました。とりあえず、無事にお客様のところへ到着、ホッとする間もなく開錠作業。とにかく早く終わらせたい気持ちで必死に頑張りました。長引くと長引くほど帰り道がコワいですから。帰りも2時間くらいかかり、よほど疲れていたのか、その日は夕方まで仮眠をとってしまいました。


やれ急げ!

鍵のトラブルでお困りのお客様の中にはものすごく作業を急かす方も居られます。ある日の朝、滋賀県大津市のお客様のお宅で。おうちの鍵をなくしたので大急ぎで作ってください!仕事に間に合わない!と出勤前に鍵がないことに気づかれたお客さんでした。到着後、玄関の鍵穴(MIWA URシリンダー)を分解し、ブランキーに段差をカットして作っていると、早くできないの?遅刻しちゃう!と何度もプレッシャーをかけるように急かすお客さん。こちらとしても慌てて切り損じたらまた一からやり直しとなるため気持ちを落ち着かせながらマイペースで作業を進めました。このシリンダーは製作精度が非常に高く、少しでも鍵山の高さが狂えばアウト。少しずつ切り込んでいき微調整を繰り返します。左右対称のキーなので時間は倍かかります。およそ20分くらいで完了し、とりあえず作った1本の鍵をお客様に手渡し料金をいただきました。その日の午後、お客様から「鍵屋さん、ありがとう、朝は急かしてごめんね、おかげで仕事に間に合いました」とお礼のお電話いただきました。車のキー作成や、深夜の玄関開錠のお仕事でよく急かされます。この仕事を始めて間もないころは動揺してしまい、失敗ばかりしていましたが今では肝が据わってきたのか、「なるようにしかならんわい!」と心の中でつぶやきながら仕事をしております。


どうにかなりませんか?...えっ?

滋賀県草津市のお客様から「ネットで鍵交換数千円~と書いている業者さんに鍵交換してもらったら7万円も取られたのですが、お宅でどうにかなりません?」この電話でこちらに伝えたいことがほぼ伝わりました(笑)さらにお話を聞くと検索結果の広告枠に表示されている業者さんらしいのです。「お客さん、貴方もですか、最近よくこういうご相談の電話をお受けしてますよ」広告枠にそれらしい謳い文句と立派なサイト、誰が見てもついつい信用してしまうんですね。しかし、済んでしまったことを当店にご相談されてもどうすることもできません。消費者センターにご相談くださいとしか言えないのです。見積りをもらった時点で当店にご相談された場合なら当店の提示した料金と照らし合わせてご判断していただければいいのですが、事後ではどうすることもできないのです。といった内容でお客様にご説明したのですが、なかなか納得していただけず、1時間くらい話し続けたこともあります。フリーダイヤルなので当然電話代はこちら持ち、勘弁してほしいです...


踏み倒し。

この仕事を初めて間もないころの話。急ぐから車のキーをすぐに作ってください!とかなりお急ぎのお客様。滋賀県彦根市へ走りました。そして免許証、車検証で本人確認したのち作業に取り掛かり、1時間くらいで完了。キーの具合をお客様にチェックしていただいた後、料金を支払ってもらう場面で。「鍵屋さん、ごめん今手持ちがないんです、明日必ず振込しますから」と頭を下げながらおっしゃるので断るわけにも行きません。クレジットカードもお持ちでないのでちょっと怪しいなと思いつつ請求書を手渡しました。そして数日後。。。そろそろ振り込まれているだろうと思い銀行で通帳記帳するも振り込まれていない!誓約書に記載してもらった電話番号に電話しても応答なし。ひょっとしてやられたか?と思いつつもう数日待つことにしました。それでも振込はなく連絡も取れず。ちょうど彦根市に鍵の交換で出向いたついでにお客さんちに立ち寄りました。すると住まれているはずのアパートが空き家になっていたのです。完全にやられました。こういった踏み倒しは最初の2、3年まで数件ありました。それ以来、個人のお客様に対しては現金かクレジットカードかPaypayでのお支払いを徹底してます。この十数年間はそういったことがなくなりました。


 

キーロックしが.NET